海象機器

波高、流速・流向、波向、潮位などの海象情報を超音波で測ります。【魚群探知機・流量計他、超音波計測器メーカー ソニック】

製品

利用事例

観測フィールドでの各観測機器の利用場所を示しています。
※クリックで詳細へ

利用事例 フース型潮位計 水中水準測量装置 海象計 複合型超音波波高計 空中型超音波波高計 水中位置測定装置

港湾海象観測システム

概要

本システムは、船舶の航行や海上作業など港湾の安全管理を行う為、波浪(波高・周期・波向・潮流)、風速・風向、気圧等の観測を行うシステムです。
観測データは、WEB公開、外部電話からの音声ガイドシステム等により各利用者に情報提供を行うことができます。

特徴
  • 各種海象・気象データをリアルタイムで観測することができます。
  • 港湾建設・管理に必要な各種海象・気象情報を総合的に観測することができます。
  • NTT専用回線、無線回線を利用して、観測データを伝送することができます。
  • インターネットやNTT公衆回線を通じて、利用者に海象・気象情報を配信できます。

海岸防災監視システム

概要

本システムは、津波・高潮に代表される異常波浪の監視を行う海岸防災監視システムです。沖合から沿岸の波浪(波高・周期・波向・潮流)、風速・風向、気圧等の観測を複数地点で行い、面的な海象・気象変化を捉え防災に活用します。各観測データは、ネットワークを通じて、総合監視局に集約され、総合情報表示システムにて監視を行います。
観測データは、WEBサーバーによりインターネットを介して観測情報の提供を行います。

特徴
  • 沖合から沿岸部の複数地点の波浪状況をリアルタイムで観測します。
  • NTTデジタル回線、光ファイバー網を利用し海岸防災情報ネットワークを構築し、各観測地点のデータを総合的に監視します。
  • 面的な海象情報を収集することにより、津波・高潮に代表される異常波浪の観測を行い防災に活用する他、地域産業、海岸保全等のデータとして活用することができます。

越波監視システム

概要

海岸線を通過している道路に、台風等に伴う越波やしぶきと越波と共に打ち上げられる石等による交通障害が発生しています。本システムは、道路監視の効率化、安全確保を実現するため、波浪、気象、越波観測、画像監視を実施し、越波の状況監視や予測、情報の提供を行うシステムであります。
各観測データは、ネットワークを通じて、総合監視局に集約され、越波総合情報システムにて監視を行います。観測データは、WEBサーバーによりインターネットを介して観測情報の提供を行います。

特徴
  • 越波検出部
    ITV画像の画像処理による越波監視を行います。
    ステップ式波高計による越波状況の実測値の監視を行います。
  • 波浪観測部
    沖合に設置した海象計による波浪状況の監視を行います。
  • 総合監視局
    各観測、処理データとマイコス等の予測データを統合し、道路の通行管理の判断に使用する他、インターネットを介して情報の提供・公開を実施します。

船舶入港監視システム

概要

本システムは、船舶の入港時の安全を守る為、波浪(波高・周期・波向・潮流)、 気象(風速・風向、気圧)を計測し、情報を提供するシステムです。
各観測データは、接岸速度計等のデータと共に、総合情報表示システムにて、総合的な船舶入船監視を行うことができます。

特徴
  • 各種海象・気象データを連続観測することにより、周辺環境の変化を常時監視し、入港管理に活用できます。
  • 船体動揺に起因する、長周期波高の観測が行えます。
  • 各種接岸速度計システムのデータと共に、総合情報表示システムで監視を行うことができます。