2次元超音波風向風速計

SA-10
  • SA-10
  • SWD-20

微風(0m/s)から強風域(90m/s)までハイレスポンスでリニアリティの高い測定が可能です。

環境・防災分野の自動気象観測に
低層気象及び局地気象観測に
大気拡散観測に、風況観測に
交通機関の安全管理に

風向及び風速の測定は、3つの超音波センサーから3つの軸風速を測定し、最適な2軸を選んで風向及び風速を演算することで、より信頼性の高い測定データを得ることができます。
そのため、一般気象観測はもちろん局地的な強風災害観測、ビル風の観測など幅広い観測が可能です。

SA-10およびSA-10Hは、風速90m/s まで測定可能です。超音波風向風速計のこれまでの特徴を生かしつつ、小型かつ軽量化を実現しました。

SA-20は低消費電力(デジタル出力時約0.8W以下)モデルです。

SA-10Hはヒーターを内蔵しており、雪による欠測を大幅に低減する事ができます。※
この他に、風速計への電源供給および、風速計から出力される信号を、電流、電圧信号などに変換を行うSA-PJBA(H)もオプションにて用意しています。
※SA-20にヒータ仕様はございません。寒冷地ではSA-10Hをお勧めいたします。

ラインナップ
製品仕様
■強風仕様 SA-10

微風から90m/sまでの強風を1台で計測できる、ハイスペックな風向風速計です。ヒータ内蔵型もございますので、多雪地・寒冷地での計測にも対応しています。

測定方式 時分割送受切替型超音波パルス方式
演算方法 超音波伝播時間逆数差演算方式
測定項目 成分風速、風向・風速
測定レンジ 風速:0~90m/s
測定繰返し 10回/秒, 4/秒(変更可能)
出力信号 RS-422
電源 DC 9~36V

 

■風況ソフトウェア SWT-10

二次元風向風速計SA-10専用の観測ソフトウェアです。
実況監視、一覧表示、グラフ表示はもちろんのこと、風況観測にとても有効な風配図表示が可能です。
データ保存機能や印字機能も搭載しており、使い勝手のよいソフトウェアに仕上がっております。

基本仕様  
◆ハードウェア必要要件 
OS Windows10 64bit 
メモリ容量   8GByte以上
ストレージ  250GByte以上(記憶装置として)
通信ポート 

 USB2.0

市販のUSB/RS232C変換ケーブルを使用 *1

表示解像度 1280×1024以上
◆ソフトウェア概略仕様
画面表示 実況、時系列(リスト)、グラフ、風配図
表示間隔 1秒毎(実況画面)
データ保存 3, 5, 10秒
データ保存量 ストレージの容量に準ずる
外部出力 可 USBメモリなどへの出力が可能
印字機能 可 プリンタへの出力が可能
■船舶用風向風速表示機 SWD-20

SA-20の観測データを操舵室で可視化。
船舶用の風向風速表示機です。
NMEA対応の他社製センサとの接続も可能です。

標準機器仕様   
 表示器 3digit, 7 Seg LED display 
 表示言語 日本語、英語 
 表示モード 方位表示 船首方位0~359°もしくは16方位表記 
 船速表示  0.0~99.9knot 
 風向風速表示        真風向  0~359°
 外部リングLED  ⊿3°
 真風速  0.1~99.9
 相対風向  0~359°
 内部リングLED  ⊿3°
 相対風速  0.1~99.9
 瞬間最大風速  0.1~99.9
 風速単位選択  m/s, Kt 
 表示平均化時間  1s, 10s, 20s, 30s, 60s, 180s, 300s
※瞬間最大風速は平均時間選択と連動 
 輝度調整  256段階 
 操作ボタン  スイッチ付きロータリーエンコーダ 
 インターフェース  NMEA2000  1ポート 
 電源  DC12~15V 
 消費電力  400mA(通常動作時) 
 環境条件  使用温度範囲

-15℃~+55℃

 保護等級  IP56 
 寸法  206(W)×206(H)×37(D)mm 
 重量  730g 
オプション仕様  
 NMEA0183 to NMEA2000 ゲートウェイ NMEA0183⇔NMEA2000  
 NMEA2000スターターキット         電源ケーブル1m×1本
 ドロップケーブル2m×2本
 T-コネクタ×3個
 ターミネータ×2個
 ACアダプター   入力  AC100V~240V 50/60Hz
 出力  DC15V 3A/3000mA